アジー500mgの通販

先発薬
治療できる性病
アジー500mg

アジー500mgは、クラミジア治療の第一選択薬であるジスロマックのジェネリック医薬品です。先発薬の1/2以下の価格で購入できる費用対効果が魅力です。有効成分にはアジスロマイシンが配合されており、先発薬と同等の優れた治療効果が期待できます。Cipla(シプラ)製の正規品を通販購入できます。

内容量 通販価格(1錠当たり) 購入
3錠 1,980円(660円) 購入ページ
6錠 2,376円(396円) 購入ページ
9錠 2,614円(290円) 購入ページ
15錠 2,915円(194円) 購入ページ
21錠 3,382円(161円) 購入ページ

アジーはこんな薬

アジーは、ジスロマックと同等の効果をお求めやすい価格で得られるジェネリック医薬品です。有効成分にはジスロマックと同じアジスロマイシンが配合されており、同等の効果・有効性が期待できます。以下は「あんしん通販マート」を参考としたジスロマックとアジーの価格比較表です。

商品名 1箱あたりの価格 7箱まとめ買い価格
ジスロマック500mg(先発薬) 4,180 19,582
アジー500mg 1,980 3,382

1箱あたりで比べた際のアジーの通販価格は、ジスロマックのおよそ1/2となります。アジーを活用することで、クラミジアの治療にかかる費用を半額に抑えることができます。
さらに7箱まとめ買いした場合の通販価格(まとめ買い割引適応)で比べると、アジーの価格は先発薬の1/5以下となります。クラミジアの治療薬を買いだめしてストックしておきたい方は、アジーを選ぶことで大幅に費用が抑えられます。

安価なアジーですが、品質や効果がジスロマックに劣るわけではありません。先発薬の臨床データをもとに作られるジェネリックでは、開発期間や研究費用を抑えることができます。先発薬と比べて低コストによる開発が可能であることが、アジーのようなジェネリックが安価な理由です。アジーは有名なインドの製薬会社であるシプラ社から販売されている信頼度の高いジェネリックです。

アジーのようなジェネリックが安価な理由

クラミジアに対して先発薬と同等の優れた治療効果が期待できます。

アジーには、先発薬であるジスロマックと同じ有効成分アジスロマイシンが配合されています。性器クラミジアに対するアジスロマイシンの有効性は、ジスロマックが日本で販売された際に行われた臨床試験によって実証されています。性器クラミジアの患者108例に対してアジスロマイシン1000mgが投与された結果、全体の90.7%(98/108例)に有効な治療効果<・strong>が確認されました。

病気に対して直接作用するのは有効成分です。アジスロマイシンが配合されているアジーには、臨床成績で実証されたクラミジアへの高い治療効果が期待できます。

アジー500mgの効果

効果・効能
深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、尿道炎、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎
適応菌種
アジスロマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、レジオネラ・ニューモフィラ、ペプトストレプトコッカス属、プレボテラ属、クラミジア属、マイコプラズマ属

アジーは性器クラミジアをはじめとした様々な細菌感染症に対する治療効果があります。病原細菌を殺菌することで、平等や膣に見られる不快な症状を鎮めます。性器クラミジアに対しては、服用から3~4週間ほどで完治が見込めます。

アジー500mgの飲み方

性器クラミジアの治療におけるアジー500mgの飲み方は、1回に2錠を服用となります。アジー500mgには、1錠の中にクラミジアの殺菌に必要なアジスロマイシンの用量(1000mg)の半分が含まれていますので、2錠飲めば治療は完了です。

クラミジア以外の細菌感染症の治療におけるアジー500mgの飲み方は、1回1錠を3日間の服用となります。効果を一定に保つためにも、できるだけ毎日同じ時間に服用しましょう。

アジーの作用機序

アジーの有効成分アジスロマイシンは、最近におけるタンパク質の合成を阻害します。細菌がタンパク質を合成するのはリボソームという器官です。アジスロマイシンはリボソームに結合することにより、その働きを妨げます。正常にタンパク質が作り出せなくなることで、最近の増殖が抑制されます。

アジー500mgの副作用

アジーの主な副作用として、以下が挙げられます。

  • 下痢
  • 軟便
  • 胃部不快感
  • 吐き気、嘔吐
  • 胃痛
  • 腹痛

アジーでは下痢や腹痛など消化器官に関する副作用が現れます。銀杏の運動を活発にするアジーの作用により、消化不良が引きおこされることがあるためです。おなかの不調は一過性の症状です。
長引く場合には、アジーの抗菌作用が腸内細菌のバランスに影響を及ぼしている可能性がありますので、医師に相談してください。

ごく低頻度ではありますが、アジスロマイシンの臨床試験では思い副作用の発言も報告されています。

重篤な副作用
ショック、中毒性表皮壊死症、スティーブンス・ジョンソン症候群、肝炎、肝機能障害、黄疸、肝不全、急性腎不全、偽膜性大腸炎、出血性大腸炎、間質性肺炎、QT延長、心室性頻脈、顆粒球減少、白血球減少、血小板減少、横紋筋融解症。

アジーの注意事項

有効成分であるアジスロマイシンに対して、アレルギーなどの過敏症が出た経験のある方は使用できません。アジスロマイシン以外のマクロライド系 抗生物質に過敏症の既往歴がある方は、医師に相談してください。

重篤な肝機能障害もしくは心疾患のある方は、通常の用量で服用した際に副作用が発現する恐れがあります。医師の指示に従って適切な用量を服用してください。

以下に該当する薬を服用中の方は、アジーを服用する前に医師に併用の可否を相談してください。

併用注意薬
制酸剤(水酸化マグネシウム、水酸化アルミニウム)、ワルファリン、シクロスポリン、メシル酸ネルフィナビル、ジゴキシン