フォルカン50mgの通販

治療できる性病
フォルカン150mg

フォルカン50mgは、飲み薬タイプの抗真菌薬であるジフルカンのジェネリックです。女性の膣カンジダ症専用の薬となっています。有効成分フルコナゾールが膣液中に溶け込み、真菌の細胞膜の合成を阻害します。たった1回の服用で膣カンジダを治療できる利便性に優れています。Cipla(シプラ)製の正規品を通販購入できます。

内容量 通販価格(1錠当たり)
20錠 3,880円(194円)
40錠 6,402円(160円)
60錠 8,788円(146円)

フォルカンはこんな薬

フォルカンは飲み薬タイプの膣カンジダ症治療薬です。フォルカン50mgには、膣カンジダ症の治療に必要なフルコナゾール150mgの1/3にあたる用量が1錠中に配合されています。フォルカン50mgを一度に3錠服用することで、膣カンジダ症の完治が見込めます。

従来の膣カンジダ症の治療で用いられていたのは、膣内に直接挿入する膣錠タイプの抗真菌薬です。1回の治療につき、5日間連続で膣錠を挿入する必要がありました。フォルカンの有効成分フルコナゾールは、内服後に膣液中に溶け込んで患部に作用するため、膣内に直接入れる必要がありません。
フォルカンのような飲み薬タイプの抗真菌薬に市販薬はありません。

またフルコナゾールは半減期が長く、効果の持続性に優れています。フォルカンは有効成分の長く効く特性により、1回の服用で十分な抗真菌効果を発揮しています。

膣カンジダ症に対する74.7%の有効率が確認されています。

フォルカンの膣カンジダ症に対する効果は、有効成分フルコナゾールで行われた臨床試験によって実証されています。臨床試験では膣カンジダ症の患者99例に対して、フルコナゾール150mgが単回投与されました。投与から28日目の患部の治癒状態と真菌の消失状態を医師が判定した結果、全体の74.7%(74/99例)にあたる患者に有効な治療効果が確認されました。

臨床試験では、膣カンジダ症の症状別の改善状況も検証されています。28日目の時点において、痒みは92.9%、膣の発赤は99.0%、おりものの性状は91.9%の患者で「症状なし」と判定されています。

フォルカンの効果

適応症
カンジダに起因する膣炎および外陰膣炎、真菌血症、呼吸器真菌症、消化管真菌症、尿路真菌症、真菌髄膜炎、造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防
適応菌種
カンジダ、クリプトコッカス

フォルカンには、カンジダやクリプトコッカスなどの真菌を死滅させる効果があります。膣カンジダの治療や内臓におきた真菌症の治療にも使われます。

膣カンジダ症に対してフォルカンを使用した場合、投与日から1ヶ月以内にほとんどの自覚症状が消退します。フォルカンを服用すると、有効成分フルコナゾールが血液から膣分泌液中へと移行して抗菌作用を発揮します。陰部の痒みや発赤、おりものの異常などの症状は3日目くらいから徐々に改善していきます。

フォルカンの飲み方

膣カンジダ症の治療におけるフォルカンの服用回数は1回です。フォルカン50mgを3錠飲むだけで膣カンジダ症を治すことができます。服用後には締め付けのきつい下着を避けて、出来るだけ通気性を確保しましょう。吸収に食事の影響は受けにくいため、服用のタイミングは問いません。

フォルカンの作用機序

フォルカンの有効成分フルコナゾールは、真菌の細胞膜を構成しているエルゴステロールの生合成を阻害します。エルゴステロールは、エブリコールという化合物が14-C脱メチル化反応を起こすことで生合成されます。フルコナゾールは14-C脱メチル化反応の触媒となるチトクロームP450と結合して、脱メチル化を妨害します。細胞膜に対してエルゴステロールの欠乏を引き起こすことで、真菌が殺菌されます。

フォルカンの副作用

フォルカンの主な副作用としては、以下が挙げられます。

  • 吐き気
  • 下痢
  • 腹痛
  • 発疹
  • 頭痛
  • むくみ

フォルカンの主な副作用は、吐き気や下痢など消化器に関する副作用です。フォルカンを服用した後に胃やお腹に違和感を感じた場合には、医師に相談してください。

フォルカンでは、使用した方の8%程度に副作用が生じると考えられます。有効成分フルコナゾールの安全性を検証された臨床試験における副作用発現率は7.64%でした。フルコナゾールが投与された患者157例中、12例に副作用が確認さました。

フォルカンの注意事項

有効成分であるフルコナゾールに対して過敏症の経験がある方は使用できません。フォルカンを使った場合、ショックなどの重い症状がおきる可能性があります。
妊娠中の方もフォルカンは使用できません。フルコナゾールが胎児の成長に悪影響を及ぼすおそれがあります。

腎臓または肝臓に障害がある方は、医師による慎重な投与が必要となります。フルコナゾールの血中濃度が過剰に高くなったり、肝障害が悪化するなどのおそれがあります。
心疾患または電解質異常のある方がフォルカンを使用する場合、定期的な心電図検査が必要となります。

以下の薬を使用中の方は、フォルカンを服用できません。

併用禁忌薬
ワルファリン、フェニトイン、イブプロフェン、フルルビプロフェン、セレコキシブ、ロサルタン、HMG-CoA還元酵素阻害薬、アトルバスタチン、シンバスタチン、カルバマゼピン 、ミダゾラム、エプレレノン、メサドン、カルシウム拮抗薬、ビンカアルカロイド系、抗悪性腫瘍薬、タクロリムス水和物、シクロスポリン、リファブチン、リトナビル、サキナビル、オキシコドン、フェンタニル、リバーロキサバン、テオフィリン、経口避妊薬、スルホニル尿素系血糖降下薬、ナテグリニド、トレチノイン、ジアゼパム、トファシチニブ 、シクロホスファミド 、アミトリプチリン、ノルトリプチリン、ジドブジン、リファンピシン 、三酸化ヒ素

以下の薬を使用中の方は、フォルカンを服用する前に医師に相談してください。

併用注意薬
トリアゾラム、エルゴタミン、ジヒドロエルゴタミン、キニジン、ピモジド、アスナプレビル、ダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル配合錠