ジスロマックの飲み方|クラミジアとその他感染症で異なる用量

性器クラミジアの治療における飲み方

性器クラミジア治療におけるジスロマックの飲み方は、必要な量の薬剤を一度に全て飲みきる方法となります。
250mg錠と500mg錠では、1回の服用時に飲む錠数が異なりますので注意しましょう。

用法・用量
1回の用量(500mg錠の場合)…2錠
1回の用量(250mg錠の場合)…4錠
1日の服用回数…1回
服用日数…1日

錠剤タイプのジスロマックには、250mgと500mgの2種類の規格があります。これは1錠中に含まれている有効成分アジスロマイシンの含有量の違いです。服用する錠剤の数が規格ごとに異なりますので、注意してください。

性器クラミジアの治療においては、合計で1000mgのアジスロマイシンを摂取します。よって、ジスロマック250mgであれば4錠、ジスロマック500mg錠であれば2錠を服用すれば治療は終わりです。

胃腸が弱い方は3日間に分けた服用も可能です。

用法・用量
1回の用量(500mg錠の場合)…1錠
1回の用量(250mg錠の場合)…2錠
1日の服用回数…1回
服用日数…3日

胃腸が弱く、副作用が心配な方は、3日間に分けた用法・用量に切り替えることもできます。1回で飲みきる方法は吸収量が多くなるため、人によっては副作用が出やすくなります。ジスロマックの主な副作用は下痢などの胃腸障害です。下痢によって薬の成分が一緒に排泄され、効果が弱まる場合もあります。3回に分ければ1回分の服用量が半分になるので、副作用のリスクを下げることができます。

悪化したクラミジアには注射剤が併用されることがあります。

女性が性器クラミジアを放置した結果、骨盤内にまで感染が広がって骨盤内炎症性疾患(PID)を発症することがあります。骨盤内炎症性疾患の治療には、ジスロマック点滴静注500mgとジスロマック錠250mgを併用したスイッチ療法が行われます。

骨盤内炎症性疾患の治療には、ジスロマック点滴静注500mgとジスロマック錠250mgを併用したスイッチ療法と呼ばれる治療法になります。スイッチ療法の手順として、まず点滴静注500mgを1~2日間点滴投与した後、250mg錠を1日1回1錠だけ飲みます。スイッチ療法の場合、錠剤の服用期間は5~6日となり、点滴と内服薬をあわせた服用期間は7日間となります。なお、内服薬への切り替えは、医師が服用可能と判断した場合のみ行われます。

その他の細菌感染症の治療における飲み方

用法・用量
1回の用量(500mg錠の場合)…1錠
1回の用量(250mg錠の場合)…2錠
1日の服用回数…1回
服用日数…3日

性器クラミジア以外の細菌感染症(歯周病、副鼻腔炎、マイコプラズマ肺炎など)の治療でジスロマックを服用する場合は、1日1回の服用を3日間続ける飲み方になります。
1回における服用量は500mgです。ジスロマック錠250mgでは1回につき2錠、500mgでは1回につき1錠を服用してください。

飲み忘れてしまった時は2回分を一度に飲んではいけません。

3日間の服用期間中にジスロマックを飲み忘れた場合には、気が付いた時にすぐ飲めば問題ありません。ただし、次に飲む時間が近い場合は1回分とばして次の分を飲んでください。
決して2回分を一度に飲んではいけません。誤って飲み過ぎた場合、聴力障害(耳が遠くなる、耳鳴りがする)や消化器症状といった副作用がでる可能性があります。これらの症状が出た場合はすぐに病院を受診して下さい。

大事なのは有効な服用量を全て飲みきるという事です。多少タイミングがずれても必ず最後まで飲みきってください。もし飲み方を間違えて効果が気になる場合は医師に相談しましょう。

ジスロマックSRドライシロップ2gの飲み方

ジスロマックSRドライシロップ2gは、水に溶かして飲むタイプの薬です。ボトル1瓶で治療1回分となります。飲み方として、ボトルに記載されている線まで水を入れ、10秒ほど振ってから飲みます。飲み終えてボトルにお薬が残っていたら、再び少量の水を入れて飲みます。ボトル内のお薬が無くなるまで飲み続けなければなりません。

服用のタイミングは食間の空腹時(食後2時間以上あけ、なおかつ服用してから次の食事まで2時間以上あける)となります。ジスロマックSRは1回の服用で抗菌効果を持続させるため、最大限に吸収する事が重要です。
ジスロマックSRは副作用として下痢などの胃腸障害が出やすくなります。副作用が心配な方は、医師に相談して胃腸のお薬を一緒に処方してもらうと良いでしょう。

ジスロマックSRドライシロップの場合は、クラミジアもその他感染症の治療でも飲み方は同じです。

ジスロマックを飲むのは食前か食後か

ジスロマックの服用に最も適したタイミングは、空腹時です。空腹時であれば、朝でも夜でも構いません。
ジスロマックでは、軽い胃腸障害の副作用が出ることがあります。食前や食後にジスロマックを服用すると、下痢や消化不良などがおこりやすくなります。ジスロマックを食前・食後に服用する場合には、食事のタイミングから2時間以上の間隔を空けてから飲むと良いでしょう。

とはいえ、成分の吸収に食事の影響を受けないジスロマックは、食前・食後の服用が禁止されているわけではありません。仮に食後すぐに飲んでしまった場合でも、効果自体が減弱することはありません。特に胃腸に異変が見られないのであれば大丈夫です。