カンジダの症状|女性では痒みやおりもの、男性では陰茎の乾燥

女性の主な症状は陰部の痒みや酒粕状のおりもの

女性の膣カンジダの症状

膣カンジダ症は、女性の75%が生涯のうちに1回は発症すると言われているほど身近な病気です。主な症状は、チーズや酒粕状のおりものと陰部の痒みです。その他にも、痛みや灼熱感などを伴うことがあります。他の性病でよく見られる悪臭や不正出血などの症状は、カンジダでは通常おこりません。

女性が膣カンジダ症に罹った場合、外陰や膣周辺に以下のような症状が見られます。

  • 半固形の白いおりもの
  • おりものの増量
  • 強い痒み
  • 灼熱感
  • 痛み
  • 軽度の発赤
  • 腫れ
  • 性交痛

これらの症状に少しでも心当たりのある女性は、膣カンジダ症を発症している可能性があります。中でも主な症状となるのが、おりものの増量と外陰や膣の痒みです。これらの症状から膣カンジダ症の発症を自覚する女性が多いといえます。

その他、痛みや灼熱感、発赤などの炎症症状も時として見られます。炎症が悪化すると、痛みにより性交が困難になったり、排尿時にも痛み(排尿障害)を感じるようになります。

チーズや酒粕のような白いおりものが膣内に見られます。

女性のおりものは、身体の異変を知らせてくれるシグナルです。膣カンジダ症に限らず、トリコモナスや細菌性膣症などの他の性病や、子宮頸ガンや萎縮性膣炎など様々な病気でおりものに何らかの異常が起こります。おりものに現れる変化は、病気によって異なります。よく観察することで自身に起きている疾病を予想することが可能です。

膣カンジダ症によるおりもので、特徴的な所見を示すのはその性状です。カンジダの半固形のドロドロとしたおりものの性状は、以下のように例えられます。

  • 酒粕
  • 粥(かゆ)
  • ヨーグルト
  • カッテージチーズ

これらの乳製品や米加工品のように例えられる白いおりものが見られる場合には、高い確率で膣カンジダ症が疑われます。(絶対ではありません)おりものは塊状になって膣壁や腟前庭に付着していることもあれば、ポロポロとした粒状になっていることもあります。

重症であるほどおりものの固形感は強く、通常はおりものが液状になることはありません。とはいえ、症状が軽快するにつれて徐々に性状が水っぽくサラサラしていきます。重症時に酒粕状だったおりものが、中等度ではのり状となり、軽度だと粘液状になります。

眠れなくなるほどの陰部の激しい痒みが生じます。

女性が膣カンジダ症に罹患した際に、大きなストレスになるのが、膣や外陰部など性器周辺の痒みです。女性によっては「痛痒い」と感じる方もいます。最初は軽い痒みでも徐々に酷くなっていき、重症化すると皮膚が赤みを伴い、耐え難い強い痒みの症状を伴うまでになります。
痒みはお風呂などで体がほてるとさらに強さを増し、痒みによる睡眠障害がおきる事もあります。
また、痒みのためにできる引っ掻き傷がさらに症状を悪化させるため、痒くても掻かずに我慢することが大切です。

あまりにも痒みの症状が酷くなると、痒み止めとしてステロイド剤が処方される事があります。しかしながら、ステロイド剤には、局所の免疫力を低下させてしまうデメリットがあります。一時的に痒みが治まったとしても、膣カンジダ症を悪化させたり、治癒を遅れさせてしまう可能性があるのです。
したがって、カンジダ菌が完全に死滅していない状況では、ステロイド剤の使用を行うべきではないとされています。

匂いや不正出血の症状はありません。

膣カンジダ症と間違えやすい性病として、トリコモナスや細菌性膣症などがあります。いずれの性病においても、おりものの増加や陰部の痒みなどの症状がおきる点において、膣カンジダ症と共通しています。
異なる点としては、膣カンジダ症によるおりもの自体には匂いがない(無臭)ということが挙げられます。もし、おりものから魚が腐ったのような生臭い匂い(アミン臭)がするようでしたら、細菌性膣症やトリコモナス症などの発症が考えられます。

また、不正出血(生理以外の出血)が見られた場合にも注意が必要です。不正出血が起きる原因はホルモンバランスの乱れやポリープ、先述した性病など多岐に渡りますが、基本的には膣カンジダ症を原因として起きることはありません。
カンジダの特有のおりものに血が混じっていた場合には、何か他の病気を併発している可能性も考えられます。自覚症状だけでは見分けるのは困難であるため、何らかの異変を感じたら検査を受けることが大切です。

女性のカンジダには飲み薬が使用できます。

女性の場合は、フルコナゾール配合の飲み薬を用いることで、簡単にカンジダ治療が行えます。カンジダ菌に対する殺菌効果だけでなく、膣に潤いをもたらして自浄作用を高める効果が同時に得られます。たった1回服用するだけで、3日~2週間ほどで症状を治めることができます。
女性のカンジダに有効な飲み薬としては、ダイフルカンのジェネリックであるフォルカンが挙げられます。

男性の主な症状は乾燥や白いカスの付着

男性のカンジダの症状

男性で性器カンジダ症がおきるケースは稀ですが、全くないわけではありません。発症すると、亀頭に白い膜が付着したり、冠状溝周辺に湿った恥垢がたまったりします。抗真菌薬の軟膏またはクリームの塗布を続けることで、完治します。
性行為で感染する性感染症という側面もありますが、男性の性器カンジダ症の直接的引き金となるのは包茎や糖尿病、ステロイド剤の使用などによる局所的な免疫力の低下です。

男性が性器カンジダ症に罹った場合、亀頭や包皮、環状溝のあたりに亀頭包皮炎の症状が見られます。以下の症状に心当たりがある男性は、性器カンジダ症である可能性があります。

  • 表面に白いカス(白色苔)がつく
  • 恥垢の増加
  • 発赤
  • 乾燥してカサカサする
  • 痒み、違和感
  • 小さい水疱
  • 赤い斑点
  • 浸潤(ジュクジュク)
  • 腫れ
  • ヒリヒリとした痛み

上記した全ての症状が出るわけではありませんが、亀頭を中心に白い膜のような苔が付着するのが一般的です。白色苔は乾燥するとポロポロとはがれ落ち、カサカサとした薄皮が剥がれているようにも見えます。ジュクジュクと湿った恥垢(チンカス)が増加して、環状溝のあたりにたまる場合もあります。

自覚症状としては、亀頭から陰茎の付け根までに現れる僅かな痛みや痒み、違和感が挙げられます。症状の程度には個人差がありますが、酷い男性では、夜も眠れないほどの痛痒さに悩まされる人もいます。小さい水疱(水ぶくれ)ができることもあり、それが潰れてただれになった場合には痛みが強くなります。

稀に尿道炎を発症する場合もありますが、症状は軽い痒みを感じる程度の僅かな違和感です。

自然治癒は一時的である場合があります。

男性の性器カンジダ症は、症状が軽度な場合は自然治癒することもありますが、放置することは危険です。一時的に症状が自然治癒したとしても、治療を行わなかった場合では皮膚にカンジダ菌が残っている可能性があります。カンジダ菌が残存していた場合、性器カンジダ症は何度でも再発を繰り返します。

また、性器カンジダ症の症状が出ている状態で放置すると、他の細菌による二次感染を起こし、症状が重症化する恐れもあります。性器カンジダ症が疑われる男性は、放置せずに適切な治療を行うことが大事です。

包茎が原因で性器カンジダを発症している可能性があります。

男性はカンジダ菌を有する女性との性交で感染することもありますが、カンジダ菌に感染しただけでは何の自覚症状もないことがほとんどです。性器カンジダ症を発症する男性の多くは、包茎や糖尿病、ステロイド剤投与例、消耗性疾患例など何らかの誘因を抱えています。

特に亀頭と包皮の間が蒸れやすい包茎は、高温多湿を好むカンジダ菌にとっては繁殖しやすい環境です。また、汚れも溜まりやすく衛生環境も悪い為、包茎の男性はそうでない人に比べて、どうしても性器カンジダ症を発症しやすくなります。

男性の性器カンジダ症は塗り薬で治せます。

男性の性器カンジダ症の治療に使うのは、クリームまたは軟膏タイプの抗真菌薬です。毎日薬を塗っているだけで、カンジダ菌は死滅して症状は快方に向かいます。

大切なのは、患部を清潔に保つことです。特に包茎の男性は、入浴時に恥垢を丁寧に洗い流しましょう。ただし、必要以上にゴシゴシ洗い過ぎると、皮膚表面を保護している常在菌が死んでしまうため逆効果となります。石鹸は使わずに、ぬるま湯で優しく洗い流しましょう。また平常時には、極力包皮を剥いて、亀頭を乾燥させるよう心がけましょう。

男性の性器カンジダ症に使用できる薬としては、ニゾラールクリームが挙げられます。ニゾラールクリームは、1日1回の塗布を継続するだけで性器カンジダ症の治療が行える薬です。お風呂上りに包皮を剥いた状態で、陰茎全体にニゾラールクリームを塗り込んでください。およそ2週間ほどの塗布を続けることで、性器カンジダ症は完治します。