性器クラミジア感染症はこんな病気

性器クラミジア感染症の特徴
症状は排尿痛やおりもの増加など
男性の50%、女性の75%が無症状
潜伏期間は1~3週間
喉にうつることもある
抗生物質の内服で治療できる

クラミジアは国内外問わず、最も多く見られる性感染症です。クラミジアの原因はクラミジア・トラコマチスと呼ばれる細菌の感染です。感染経路は粘膜同士の接触で、感染者との性行為によってうつります。クラミジアは無症状である事も多く、男性患者の50%、女性患者の75%が無症状であると言われています。

主な症状は排尿痛やおりものの増加

クラミジア・トラコマチスに感染後、1~3週間ほどの潜伏期間を経て症状が現れます。感染行為から1~3週間後に以下のような症状が見られた場合、性器クラミジアの可能性があります。

女性の性器クラミジアでは、膣の一番奥にある子宮頸管に炎症がおこります。 自覚症状としては、おりものの増加や下腹部の痛み、性交時の痛み、不正出血などが挙げられます。おりものは、とくべつ悪臭が強くなるわけではありません。自覚症状に乏しく、女性患者の75%では無症状であるとされています。

男性の性器クラミジアでは、尿道に炎症がおこります。主な自覚症状としては、尿道分泌物の排泄や排尿時の痛み、痒み、不快感などが挙げられます。尿道分泌物の色は透明で、若干粘り気があります。男性患者でも50%は無症状です。

クラミジアの症状|おりものや匂い、放置による不妊症のリスク

咽頭クラミジアでは喉の痛みや鼻づまりなどの症状が出ます。

オーラルセックスなどにより、喉にクラミジアが侵入した場合、咽頭炎を発症することがあります。咽頭クラミジアでは、喉の痛みや鼻づまり、耳が詰まる、難聴、リンパの腫れなどの症状が見られます。とはいえ、喉へのクラミジア感染で咽頭炎に至る患者は一部であり、ほとんどの咽頭クラミジアでは無症状です。

咽頭クラミジアの症状と治療│咳や喉の痛み、放置で自然治癒する?

原因は性行為による細菌への感染

性器クラミジアの原因は、クラミジア・トラコマチスという細菌への感染です。感染経路となるのは、主に性行為に伴う粘膜同士の接触です。クラミジア・トラコマチスが、粘膜を通じて感染者の宿主細胞から非感染者の細胞へと侵入し、新たな宿主細胞に入り込みます。

主な感染部位は性器、喉、直腸、目の粘膜です。注意しなくてはならないのは膣性交に限りません。口を使ったオーラルセックスや肛門性交でもクラミジアの感染がおこります。
クラミジア・トラコマチスは細胞の外では生きていけないので、性行為以外で感染する事はほとんどありません。

クラミジアの原因|感染経路に心当たりがない!性行為以外は?

検査は保健所か医療機関で受けられる

クラミジアの検査は病院だけでなく、保健所でも行っています。保健所では無料で受けられますが、毎日実施しているわけではないので各自治体に問い合わせて日程を確認する必要があります。

検査を受けられるタイミングは、思い当たる性行為をした日(感染日)から2~3日後以降です。これは感染して間もないと菌の量が少なく、正しい判定ができないためです。

検査は症状の有無にかかわらず、パートナーと一緒に受ける事が重要です。クラミジアは感染しても必ず症状が出るわけではありません。たとえ無症状でも感染者のパートナーである以上、感染している可能性があります。パートナーからの再感染を防ぐためにも、必ず検査は一緒に受けましょう。

自宅で使える検査キットもあります。

クラミジアには、自分で感染を調べられる検査キットも販売されています。検査キットは、通販で購入できますので、自宅に居ながらクラミジア感染の有無を確認できます。クラミジアの検査キットには、採取した検体を検査機関に送り返して後日結果が分かるタイプと、テストカードを用いてその場で結果が分かるタイプがあります。

治療にはマクロライド系抗生物質が有効

性器クラミジア感染症の治療に用いられるのは抗生物質です。病原体であるクラミジア・トラコマチスを殺菌して、患部の炎症を鎮めます。中でもクラミジア治療で使われる機会が多いのは、マクロライド系に分類される抗生物質です。マクロライド系抗生物質は、クラミジアのような細胞の中に潜伏感染する細菌に強い抗菌効果を示します。

代表的なマクロライド系抗生物質としては、アジスロマイシン(薬品名:ジスロマック)やクラリスロマイシン(薬品名:クラリス)が挙げられます。いずれもクラミジアに対する確実な抗菌効果が認められている抗生物質です。
特にアジスロマイシン1000mgの単回投与は、たった1回の服用で完治が見込める利便性から、性器クラミジア治療において第一選択されています。

クラミジアの薬と治療|抗生物質の種類と治療期間など

一番の予防は知らない人との性交を避けること

性器クラミジアの予防において最も大切なのは、不特定な人間との性的な接触を避けることです。クラミジアには、自覚症状のない保菌者がかなりの数存在します。症状がないことから、クラミジアの感染自体に気付いていない保菌者も多いです。風俗に従事している女性や、出会ったばかりで性的関係に至った相手が、無自覚な保菌者である可能性は否定できません。

性器クラミジアを予防するうえで、コンドームの着用は有効です。コンドームの着用を徹底するだけで、クラミジアへの感染リスクをぐっと抑えることができます。
大切なのは、最初から最後までコンドームを外さないことです。クラミジアの感染経路には、口を使ったオーラルセックスや肛門性交も含まれます。膣性交時だけの着用では、予防にはなりません。

ただし、クラミジア以外の性病の中には、コンドームだけでは予防し切れない病気もあります。例えばヘルペスやコンジローマでは、感染部が広範囲に及んでいる場合があり、コンドームで覆いきれないことがあります。クラミジア以外の性感染症の予防も考えると、やはり不特定な人間との性的接触は避けるべきといえます。