クラミジアの症状|おりものや匂い、放置による不妊症のリスク

女性の症状はおりものの増加や匂い

女性の性器ヘルペスの症状

女性では性器クラミジアに感染しても、自覚症状に乏しい場合が多いです。実際にクラミジアによって子宮頚管に炎症を生じている女性の7~8割では、症状に気付かずに過ごしています。僅かな異変である場合がほとんどですが、以下の症状に心当たりのある女性は性器クラミジアが疑われます。

おりものの増加、色や匂いの変化。

クラミジアの菌が子宮頸管に感染すると、子宮内部への侵入を防ぐためにおりものの分泌が増えます。おりものには細菌やウイルス等から子宮を守る働きがあるためです。
クラミジアが子宮頸管炎を起こすと膿が出るため、おりものに水っぽい膿がまじります。

おりものから匂いを感じたり、色が黄色~黄緑色に変化することもありますが、クラミジアによる子宮頚管炎だけでそれらのハッキリした症状が出ることは稀です。おりものに匂いや色の変化が見られた場合には、淋菌の同時感染や上行感染したクラミジア菌による骨盤腹膜炎が生じている可能性があります。

生理とは関係のない出血。

性器クラミジアの初期症状として起こる症状に不正出血があります。不正出血とは、月経外で起こる性器からの出血です。炎症によって子宮頸管や子宮内膜が傷つき、出血して膣から流れます。おりものに鮮血が混じったり、性行為中に膣から出血するといった症状が見られます。

性交時の痛み。

クラミジアの感染が進んで骨盤内炎症性疾患(PID)を発症すると、性交時に痛みが出ることがあります。骨盤内炎症性疾患とは、子宮や卵管、骨盤腹膜といった女性の生殖器に起こる炎症の総称です。男性器が膣の奥まで入った時に、炎症部位が刺激されて鈍い痛みをともないます。

下腹部や腰の痛み。

クラミジアによる骨盤内炎症性疾患の症状として、下腹部の痛みがあります。下腹部痛は、炎症部位のただれや損傷、卵管の癒着(本来はなれた部位同士が炎症によってくっついてしまう状態)によって起こります。
感染が広まっていくと、炎症する部位によって痛み方も違ってきます。人によっては腰痛であったり、生理痛に似た痛みとなる事もあります。特に骨盤腹膜が炎症を起こすと、強い痛みが出ます。

みぞおち辺りの痛み。

クラミジアの菌が骨盤内からさらに上の肝皮膜(肝臓を包む皮膜)に感染すると、肝周囲炎を発症します。クラミジア等の細菌性の肝周囲炎はフィッツ・ヒュー・カーティス症候群と呼ばれ、若い女性に多く見られます。
通常、肝皮膜と肝臓の間には隙間がありますが、炎症を起こす事で癒着してしまいます。肝周肝周囲炎の症状は、初発症状で多い右上腹部の激烈な痛みです。非常に辛い痛みで、救急外来を受診しなければならなくなる場合もあります。

男性の症状は尿道のかゆみや排尿痛

男性の性器ヘルペスの症状

男性でも性器クラミジアに感染した際の自覚症状は、乏しいことが多いです。クラミジアによる尿道炎を生じた方の約半数では、症状に気付かずに過ごしています。軽微な症状である場合が多いですが、以下に心当たりがある方は性器クラミジア感染症が疑われます。

尿道から分泌物の排泄がある。

尿道の粘膜が炎症を起こして、透明で薄い分泌物が出ます。膿の特徴はサラサラして水っぽい感じです。分泌物が黄緑色でネバネバしている場合には、淋病が疑われます。
尿道内の分泌物を確認するには、先端に向かって男性器を絞り出すように押します。朝起きると、乾燥した膿が乾いて下着に付着していることもあります。

排尿時に痛みや尿道の痒み。

尿道の粘膜が炎症を起こすと、排尿時に患部が刺激されて痛みやかゆみを覚えます。排尿痛はあまり強くありません。痛いというよりも、むず痒いという感覚の方が近いでしょう。

残尿感、頻尿。

前立腺が炎症を起こして腫れると、前立腺の中を通る尿道を圧迫します。尿道が狭くなり、排尿がうまくいかずに残尿感や頻尿といった症状が出ます。

睾丸の腫れや痛み。

クラミジアの菌が前立腺や精巣上体(副睾丸)に侵入すると、睾丸が炎症を起こします。最初に睾丸が痛み始め、痛みが増すのにつれて、徐々に赤く腫れあがっていきます。症状が悪化すると睾丸そのものよりも大きく腫れ、激しい痛みや高熱が出ます。

前立腺が炎症で腫れると、下腹部のあたりに痛みを伴います。下腹部痛は会陰部(睾丸と肛門の間)、恥骨付近、鼠径部(左右の太ももの付け根)あたりに鈍い痛みを感じます。

放置した期間が長いと不妊に繋がる

性器クラミジアでは、放置した期間が長ければ長いほど、不妊症のリスクは高くなります。実際にクラミジアが不妊症を引き起こすまでの期間については、侵入した菌の量や宿主の状態によって異なるため一概にはいえません。

感染から1ヶ月ほどで不妊症になってしまう可能性もありますし、クラミジアを放置したからといって必ずしも不妊症がおきるわけでもありません。ただし、性器クラミジアには自然治癒が期待できませんので、無治療の状態では不妊症のリスクが消えることはありません。
性器クラミジアを放置した場合の不妊症は、男女共に起こり得ます。

クラミジアを放置した場合の不妊症の男女別リスク

女性では卵管障害のリスクが高まります。

膣から侵入したクラミジアの病原細菌は、子宮頚管(子宮の入り口)の次に卵管へと感染を拡げます。卵管は子宮と卵巣を繋ぐ非常に細い管であり、受精卵や精子の通り道の役割をしています。卵管の炎症が長期間続くと、その通り道が、狭くなるor塞がるなどする卵管障害がおこります。

卵管障害が生じると、受精卵が卵管の途中で詰まって子宮外妊娠(卵管妊娠)が起きたり、そもそも精子が卵管を通過できずに不妊症になったりします。卵管炎以外にも、子宮を覆っている子宮内膜に炎症がおきると、卵管に癒着して卵管障害を引き起こします。

男性では無精子症のリスクが高まります。

性器クラミジアを放置すると、男性の場合では尿道から精巣上体へと感染が拡がります。 精巣上体とは、精巣で作られた精子を貯蔵する器官です。クラミジアが精巣上体に炎症をおこすと、精子の通り道である精管がふさがって通過障害がおきることがあります。精管の通過障害により、射精した精液中に精子が含まれない「閉塞性無精子症」と呼ばれる不妊症になります。

性器以外におきるクラミジアの症状

性器以外の発症部位には喉、目、肛門があります。

喉の症状

喉はオーラルセックスで感染しやすい部位ですが、症状が出にくくなります。喉のクラミジアは性交だけでなくディープキスでも感染するので、パートナーとこれらの行為をした後で喉に違和感が出たら要注意です。

クラミジアが喉から感染すると、咽頭炎(咽頭クラミジア)を発症します。咽頭クラミジアでは、のどの痛み、咳といった症状が出ます。喉が赤く腫れ、痛みや違和感を覚えます。痰をともなわない乾いた咳が出ることもあります。咽頭クラミジアの症状は風邪と似ているため、よく間違えられます。

目の症状

クラミジアの菌が目に入ると、菌が目から感染することがあります。性行為の時に感染者の体液が目に入る、感染部位の性器に触った手で目をこする、等のケースが考えられます。

クラミジア菌が目に入ると、感染して結膜炎(クラミジア結膜炎)を起こす事があります。初期症状の見分け方が難しく、流行性結膜炎(はやり目)と間違えやすい病気です。
最初に目が充血してまぶたが腫れてきます。次第に目やにが出始めて、まぶたの裏に小さなブツブツが生じてきます。このブツブツは放置する事で、徐々に肥大化していきます。

肛門の症状

クラミジア感染者とのアナルセックスを行うと、肛門からも菌が感染します。肛門に菌が入ると、すぐ上にある直腸が炎症を起こします。直腸の炎症はあまり自覚症状がありませんが、人によっては以下の症状が出ます。

直腸のあたりが痛む、あるいは指で直腸を押すと痛む、といった症状が出ます。直腸からの分泌物(黄色い膿や粘液)、出血、粘血便(血液や粘液を含んだ便)などの症状も見られます。
痔でもないのに血便が出たり、便に黄色い膿や粘液が混じっていたらクラミジアが直腸に感染している疑いがあります。